関係する皆様へ 参加申込書 実践事例参加申込書
世界に目を向けてみませんか
   そこには可能性に満ちた教育の世界があります

会長 滝 多賀雄

   私たちは、混沌とした未来と切り開く教育の可能性を、在外教育施設に見出しています。
        一緒に教育の未来について、世界的な視点で考えて見ませんか。
(福島)
1 主 題 世界と子どもをひらき、つなぎ、つむぐ教育をめざして 誰でも参加申込みできます
   〜ネットワークでつむぐ、明日の教育〜 参加申込QR
2 主 催 全国海外子女教育国際理解教育研究協議会
3 主 管 福島県国際理解教育研究会
4 後 援 外務省 文部科学省            公財 海外子女教育振興財団
福島県教育委員会 福島市教育委員会  
5 発信元 コラッセふくしま 福島市三河南町1−20    (zoom開催)
6 期 日 2022年8月5日(金) 都道府県役員のみ参加

10:00〜12:00

実行委員会打合せ

13:00〜16:00

全国代表者会  兼 研究担当者会 兼  ICT担当者会

16:00〜16:40

講話
2022年8月6日(土) (誰でも参加申込みできます)

10:00〜11:00

開会行事、福島県紹介

11:00〜12:30

記念講演会  古家 淳 氏(在外教育関係ジャーナリスト)

13:30〜15:30

特定課題分科会
 @ 教育のグローバル化(IBと日本の教育の融合の視点から)
     インターナショナルバカロレア(IB)は、世界中の様々な国の国際学校を、社会に開かれた教育の視点から統合するカリキュラムです。その視点は、日本の教育の方向性と重なっています。
 A コロナ渦におけるICTの活用
     教育のICT化は、未来を生きる子供たちの基本的な学びを保障します。コロナ渦による急激な変化に対応した海外の実践から学びます
 B 派遣体験のカリキュラム化(国際理解教育の目標による一般化を通して)
     在外教育施設に派遣された教員が、その体験を国内で生かすには、それなりの見直しが必要です。国際理解教育の目標から、派遣体験を再構成する取り組みを紹介します。
 C 日本人学校のインターナショナル化日本人学校のこれからの在り方について)
     内向きの社会は、在外教育施設においても大きな課題です。日本が世界に通用するには、大きな意識改革が求められています。日本人学校の人的な多様性を提案します。

15:40〜16:40

トーキングテーブル
 @ 現職派遣教師への道
 A シニア派遣教師への道
7   参加申込書

申込先 info1@zenkaiken.jp 又は、Fax 03-3804-7432

実践事例申込 実践事例参加申込書
参加申込受諾後、各人宛にzoom設定を通知致します